読み込み中 . . .
中止

ニチリンダテハゼ

Amblyeleotris randalli Hoese and Steene, 1978

特徴 体長9cmほど。第1背鰭は大きな円形で、大きな1黒色円形斑があることで同属他種と区別可能。眼下に1橙色横線、頭部と体側に5橙色横線があり、7番目の橙色横線は尾鰭基底部にある。
分布 奄美大島、沖縄諸島伊江島、石垣島、西表島。西部太平洋。
分布 奄美大島、沖縄諸島伊江島、石垣島、西表島;西部太平洋
生息環境 内湾の湾口から中程、サンゴ礁外縁部の礁斜面やドロップオフ下の砂溜りに生息する。テッポウエビ類と共生する。生息水深は15-50m。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン ドゥマゲッティ

2008.06.30

パラオ ビッグドロップオフ

2018.04.15

フィリピン マクタン島

2011.12.25

フィリピン セブ島

2019.10.07

フィリピン セブ島

2019.10.31

マレーシア TURTE PATCH(SIPADAN)

2018.06.22

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 セブ・マクタン島

2016.02.23

フィリピン ボホール島

2009.04.12

マレーシア SOUTH POINT(SIPADAN)

2018.06.22

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 セブ・マクタン島

2016.02.23

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 Apo island

2019.11.03

フィリピン セブ

2009.10.14

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する