読み込み中 . . .
中止

オオグチイシチビキ

Aphareus rutilans Cuvier, 1830

形態・特徴 イシフエダイ属の魚の体は長く、アオチビキやヒメダイ属魚類によく似ているが、眼の前方に溝がないことや、口が大きいことでこれらの魚種と区別できる。イシフエダイとは、体色が褐色であること(イシフエダイでは青みを帯び固定後は暗色になる)、鰓弓上枝の鰓耙数が18本前後(イシフエダイでは6本前後)であることにより区別可能。体長70cmを超える大型種。
分布 伊豆諸島、相模湾以南の太平洋岸、長崎県近海、琉球列島、南大東島、小笠原諸島。~台湾、南シナ海、インド-太平洋域。ハワイ諸島にも分布する。
生息環境 やや深海性(100-300m)とされているが、幼魚は浅海域でも漁獲されている。
食性 魚類や、甲殻類、頭足類などを捕食する。
その他 深場の釣りや定置網などで漁獲され食用となり、美味とされている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません