レッドサンドパーチ

Parapercis rufa Randall, 2001

外国産 外国産

英名 Red Sandperch
形態・特徴 胸鰭基部上方に白い縁取りのある大きな黒色斑があるのが最大の特徴。体側背部は赤っぽく、8つの褐色斑が等間隔に並ぶ。上顎上後方と眼の下縁に黄色斑がある。尾鰭上葉は伸長する。
分布 台湾、フィリピン。日本からの正式な記録はないものの、美ら海水族館において沖縄県で捕獲された個体の飼育記録がある。
生息環境 水深50-80mに生息する。

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

NOAHさんが日本 沖縄県 本島沖(美ら海水族館 エリア「深海の小さな生き物」にて展示中  で撮ったレッドサンドパーチ

日本 沖縄県 本島沖(美ら海水族館 エリア「深海の小さな生き物」にて展示中  

2022.06.09