読み込み中 . . .
中止

ヒレナガネジリンボウ

Stonogobiops nematodes Hoese and Randall, 1982

形態・特徴 体側には4本の黒色斜走帯がある。第1背鰭の前方は長く伸びる。頭部は「眼の前方は黄色で、黒色斜帯がない。体長4cmほどの小型種である。
分布 伊豆諸島、相模湾、伊豆半島、和歌山県、愛媛県、高知県柏島、奄美大島、琉球列島、インド・西部太平洋。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁域の砂、砂礫底でコトブキテッポウエビと共生する。
食性 動物プランクトンなど小型動物を捕食する。
その他 共生ハゼとしてよく知られ、ダイバーによる観察の対象として、もしくは観賞魚としてよく知られている。観賞魚としてはハタタテネジリンボウという別名で流通されることが多い。飼育下でもテッポウエビと共生させるとよい。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません