カタクチイワシ

Engraulis japonica Temminck and Schlegel, 1846

特徴 全長は最大で15cmほどで、普通は10cmほど。腹部に稜鱗は無い。本種は資源量が非常に多く水産重要種である。
分布 日本各地。~朝鮮半島、中国、台湾、フィリピン。沿岸の表層に大きな群れですむことが多い。
生息環境 沿岸の表層域に大きな群れで生息する。
食性 口を大きく開けながら回遊し、動物プランクトンや植物プランクトンを鰓耙でこしとりながら食べる。
地方名 岩手県宮古市:セグロイワシ、マサゴ、マサゴイワシ
千葉県:セグロ、セグロイワシ
東京都:セグロイワシ
神奈川県:シコイワシ
富山県:ハリガン
三重県南伊勢町:カタクチ、エタレ、ドロボウ
京都府舞鶴、宮津市北部:タレクチ
大阪府:カタクチ
和歌山県:セグロイワシ
広島県:コイワシ、ナマエ、ナンマンエー
島根県:コイワシ、タレクチイワシ
高知県:ホタレ、ホタレイワシ、出世名としてチカ→カチリ→カエリ→ホタレ
愛媛県松山市:ホウタレ
長崎県佐世保:エタレ
長崎市、島原:エタリ
熊本県天草:タレ、タレイワシ、エタレ、タレソ
水俣市:ジャミ(極小)→チリメン、ジャコ(小)→カエリ(中)→タレ、タレソ(大)
宮崎県:タレクチ
鹿児島県長島、阿久根:タレ:
その他 カタクチイワシと並んで水産重要種であるマイワシも漁獲量が非常に多いが、カタクチイワシとマイワシが共に豊漁になることはあまりないようである。

ちりめんじゃこの原料としても有名である。

産卵期は南日本で初春、本州の太平洋側では春と秋。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

履歴

山出潤一郎 さんが 説明文の 特徴 を編集しました 全長は最大で15cmほどで、普通は10cmほど。腹部に稜鱗は無い。本種は資源量が非常に多く水産重要種である。
2021.10.03 11:53
山出潤一郎 さんが 説明文の 分布 を編集しました 日本各地。~朝鮮半島、中国、台湾、フィリピン。沿岸の表層に大きな群れですむことが多い。
2021.10.03 11:53
山出潤一郎 さんが 説明文の 生息環境 を編集しました 沿岸の表層域に大きな群れで生息する。
2021.10.03 11:53
山出潤一郎 さんが 説明文の 食性 を編集しました 口を大きく開けながら回遊し、動物プランクトンや植物プランクトンを鰓耙でこしとりながら食べる。
2021.10.03 11:53
山出潤一郎 さんが 説明文の 地方名 を編集しました 岩手県宮古市:セグロイワシ、マサゴ、マサゴイワシ
千葉県:セグロ、セグロイワシ
東京都:セグロイワシ
神奈川県:シコイワシ
富山県:ハリガン
三重県南伊勢町:カタクチ、エタレ、ドロボウ
京都府舞鶴、宮津市北部:タレクチ
大阪府:カタクチ
和歌山県:セグロイワシ
広島県:コイワシ、ナマエ、ナンマンエー
島根県:コイワシ、タレクチイワシ
高知県:ホタレ、ホタレイワシ、出世名としてチカ→カチリ→カエリ→ホタレ
愛媛県松山市:ホウタレ
長崎県佐世保:エタレ
長崎市、島原:エタリ
熊本県天草:タレ、タレイワシ、エタレ、タレソ
水俣市:ジャミ(極小)→チリメン、ジャコ(小)→カエリ(中)→タレ、タレソ(大)
宮崎県:タレクチ
鹿児島県長島、阿久根:タレ:
2021.10.03 11:53
山出潤一郎 さんが 説明文の その他 を編集しました カタクチイワシと並んで水産重要種であるマイワシも漁獲量が非常に多いが、カタクチイワシとマイワシが共に豊漁になることはあまりないようである。

ちりめんじゃこの原料としても有名である。

産卵期は南日本で初春、本州の太平洋側では春と秋。
2021.10.03 11:53