読み込み中 . . .
loading
中止

オニハゼ

Tomiyamichthys oni (Tomiyama, 1936)

形態・特徴 体色は白っぽく、体側に小斑がある。雌雄ともに第1背鰭が高い台形で棘条は長く伸びない。眼下には暗色帯があるが、目立たないこともある。体長9cm。
分布 伊豆半島、和歌山県、徳島県、宇和海、高知県、熊本県、鹿児島県、小笠原父島、沖縄島。岩礁域の砂底にニシキテッポウエビと共生する。
生息環境 湾内やサンゴ礁周辺の砂底、水深10-35mに多く生息する。ニシキテッポウエビなどと共生している。
その他 日本の固有種と考えられている。オニハゼ属はホタテツノハゼ属と近縁と考えられ、現在再検討がすすめられている、
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 鹿児島県 垂水市牛根境の港

2016.02.12

日本 鹿児島県 垂水市牛根境の港

2016.02.12

日本 和歌山県 紀伊大島大島港

2010.09.16

日本 和歌山県 紀伊大島大島港

2010.09.16

日本 和歌山県 紀伊大島大島港

2010.09.16

日本 静岡県 沼津市 らららサンビーチ

2016.09.23

日本 沖縄県 砂辺No.1

2018.05.20

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する