読み込み中 . . .
中止

ガラスハゼ

Bryaninops yongei (Davis and Cohen, 1969)

形態・特徴 第1背鰭の起点より後方に赤色横帯が6本ある。前鰓蓋下面、下顎下面に孔器の走る明瞭な溝がある。体長3cmになる。
分布 相模湾以南、伊豆諸島、小笠原諸島。~インド・太平洋。サンゴ礁域やドロップオフにすみ、ムチカラマツ類につく。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁域、内湾のドロップオフに生息する。ムチカラマツにペアでつく。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません