読み込み中 . . .
中止

ガラスハゼ

Bryaninops yongei (Davis and Cohen, 1969)

形態・特徴 第1背鰭の起点より後方に赤色横帯が6本ある。前鰓蓋下面、下顎下面に孔器の走る明瞭な溝がある。体長3cmになる。
分布 相模湾以南、伊豆諸島、小笠原諸島。~インド・太平洋。サンゴ礁域やドロップオフにすみ、ムチカラマツ類につく。
生息環境 サンゴ礁域や岩礁域、内湾のドロップオフに生息する。ムチカラマツにペアでつく。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 高知県 幡多郡大月町

2011.10.10

日本 沖縄県 座間味島

2016.08.16

フィリピン セブ島

2014.12.22

フィジー諸島 SavuSavu

2018.08.18

日本 沖縄県 石垣島

2015.03.18

日本 静岡県 伊豆 大瀬崎

2016.11.10

日本 沖縄県 真栄田岬

2018.05.19

日本 沖縄県 宮古島

2005.07.05

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する