読み込み中 . . .
中止

アカメハゼ

Bryaninops natans Larson, 1985

形態・特徴 体は背部が透明で腹部が黄色。眼は大きく、虹彩は桃色である。体長1.5㎝ほどの小型種。
分布 琉球列島。~インド・太平洋。ミドリイシやテーブル状サンゴの周辺でホバリングしている。
生息環境 水深20m以浅のサンゴ礁域に生息する。ミドリイシ科のサンゴの周辺で群れ驚くとサンゴの中に隠れる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

アカメハゼ

インドネシア バリ島 トランベン

2012.03.18

アカメハゼ

日本 沖縄県 慶良間諸島

2017.11.05

アカメハゼ

日本 沖縄県 石垣島

2016.08.06

アカメハゼ

日本 沖縄県 西表島

2011.10.31

アカメハゼ

日本 沖縄県 慶良間 ナカモト1

2018.06.21

アカメハゼ

日本 沖縄県 崎本部ゴリラチョップ

2019.10.16

アカメハゼ

日本 鹿児島県 奄美大島-倉崎海岸

2020.08.13

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する