ヒトミシリハゼ

Bryaninops nexus Larson, 1987

形態・特徴 眼の後方から尾柄腹側にかけて太い赤色縦帯があり表面に黒色点が密にある。虹彩は金色で赤色に縁どられる。小型種で体長2cmほど。
分布 八重山諸島、インド・西部太平洋。
生息環境 水深15m以浅の、ミドリイシ科のサンゴの周辺に生息する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。