読み込み中 . . .
中止

カザリハゼ

Istigobius ornatus (Rüppell, 1830)

形態・特徴 クツワハゼ属としては珍しく、胸鰭の上部軟条が遊離している。体色は白っぽく、体側に黒色小斑がある。第1背鰭の先端は黄色。体長7cm。
分布 男女群島、南西諸島。中国、台湾、紅海、インド・西および南太平洋。岩礁性海岸にすむ。
生息環境 水深2m以浅の、岩礁・サンゴ礁域付近の砂底に生息する普通種。単独で見られる。
食性 底生動物を捕食する。
その他 釣りではたまに釣れるが普通食用とされていない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

カザリハゼ

日本 沖縄県 南城市 久手堅

2015.01.02

カザリハゼ

日本 沖縄県 与那原町 タイドプール

2020.01.06

カザリハゼ

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾

2006.02.26

カザリハゼ

日本 鹿児島県 奄美大島奄美市宇宿

2010.12.28

カザリハゼ

フィリピン サマール島

2011.07.03

カザリハゼ

フィリピン サマール島

2011.06.30

カザリハゼ

フィリピン サマール島

2011.07.03

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する