読み込み中 . . .
中止

ニセカンランハギ

Acanthurus dussumieri Valenciennes, 1835

形態・特徴 本種は体側に横帯・縦帯を有せず、眼後部、鰓蓋部、胸鰭上方部に暗色斑がなく、クロハギやオスジクロハギとよく似ているが、尾柄部の可動棘を被う皮膜が白っぽく、尾鰭に小暗色斑があることなどで区別可能。大きな個体は背鰭・臀鰭は鮮やかな黄色で、尾鰭は鮮やかな青色で美しい。幼魚のうちは茶褐色。体長35cm以上になる。
分布 茨城県以南の太平洋岸、長崎、琉球列島、南大東島、尖閣諸島、小笠原諸島、沖ノ鳥島。日本海側にも出現することがある。~インド-西太平洋。中央太平洋に分布せず。ハワイ諸島、ジョンストン島には分布。
生息環境 岩礁域、珊瑚礁域に生息する普通種。幼魚は潮だまりや内湾などにも出現する。本州中部~九州の太平洋岸では幼魚がよくみられるほか、本州南部、四国、九州の太平洋岸でも成魚が見られる。
食性 雑食性で主に糸状の付着藻類を捕食するが、甲殻類なども捕食する。
その他 食用魚。鮮やかな色彩で水族館で飼育されていることも多い。観賞魚としても知られるが大型の水槽が必要になる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 宮崎県 串間市荒崎

2003.10.16

日本 宮崎県 串間市の港

2016.01.09

日本 和歌山県 西牟婁郡白浜町 朝来帰漁港

2010.12.10

日本 沖縄県 古宇利島

2018.08.12

日本 沖縄県 宮古島

2016.01.27

日本 沖縄県 渡嘉敷島

2014.05.29

日本 鹿児島県 枕崎

2013.02.11

日本 高知県 沖の島 久保浦

2015.09.25

日本 沖縄県 名護市 東江

2019.04.07

日本 千葉県 鋸南町

2012.08.31

日本 鹿児島県 奄美大島 加世間漁港

2019.05.01

日本 鹿児島県 沖永良部島 知名漁港

2018.11.12

日本 鹿児島県 枕崎沖磯

2016.08.15

日本 神奈川県 茅ヶ崎漁港

2012.09.19

日本 沖縄県 南大東島

2016.11.20

日本 千葉県 勝浦市鵜原

2014.11.11

日本 沖縄県 宮古島

2020.04.29

日本 鹿児島県 奄美大島 大熊沖堤防

2006.05.13

日本 高知県 高知市高知新港

2016.12.24

日本 鹿児島県 奄美大島 名瀬港

2013.11.04

日本 鹿児島県 大島郡喜界町小野津港

2013.11.02

日本 沖縄県 名護漁港

2005.04.05

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.05.29

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する