読み込み中 . . .
中止

キヌベラ

Thalassoma purpureum (Forsskål, 1775)

形態・特徴 ニシキベラの中でもとくに大きくなり、40cmを超えることもあため、アオブダイの仲間と間違われることもあるが、歯は癒合せず歯板を形成しない。雄は頭に赤褐色の斑紋があり、雌の頭部にも横帯や枝状斑があることでリュウグウベラと区別できる。
分布 山陰・和歌山県以南。~インド洋、中部太平洋。岩礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁や岩礁に生息する。昼間は活発に遊泳している。小さな群れを作る。
食性 甲殻類や軟体動物、ゴカイ類、小魚などを捕食する。
その他 大型のベラでルアーも追う。磯釣りの外道として釣れ、食用にすることもある。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません