クリムゾンスナッパー

Lutjanus erythropterus Bloch, 1790

外国産 外国産

形態・特徴 口は比較的小さい。体高はやや高く、体色は成魚では一様に赤~桃色。幼魚は吻から背鰭起部にかけて暗色の斜帯があり、尾柄背面に黒色斑がある。ヨコフエダイやワキグロアカフエダイによく似るが、背鰭後端が丸く、尾鰭両葉先端が尖ることで区別できる。
分布 東南アジアからオマーン湾にかけてのインド-西太平洋に広く分布する。
生息環境 成魚はサンゴ礁に生息する。幼魚は浅場の砂泥底でもよく見られる。
その他 タイプ産地は長崎となっているが、現在のところ日本産魚類には含まれていない。また、日本からの追加標本も得られていない。

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。