オヨギベニハゼ

Trimma taylori Lobel, 1979

形態・特徴 第1背鰭第2棘が糸状に長くのびる。胸鰭・腹鰭を除く体全体に黄色小斑がある。体長2cmほどの小型種。
分布 八丈島、南日本、沖縄諸島、宮古島、西表島、~インド・太平洋。サンゴ礁や岩礁域のドロップオフなどで見られ、群れてホバリングをする。
生息環境 水深6-55mのサンゴ礁域にすむ。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません