読み込み中 . . .
中止

イレズミハゼ

Priolepis semidoliata (Valenciennes, 1837)

形態・特徴 第1背鰭棘は6棘で、うち4棘が長く伸びる。体色はうすい黄色で、頭部に横帯がある。項部の横帯は二叉し、分岐点付近で2本の横帯は同幅。体長2-3cm程の小型種。
分布 南西諸島。台湾、紅海、インド・西および南太平洋。珊瑚礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁域の砂地、岩礁域にすみ、河川の河口域付近にも見られる。ごく浅い場所にすみ、礁湖やタイドプールにも見られる。岩や死サンゴの下などにペアで見られる。
その他 卵は死サンゴ塊などに産み付けられる。約1週間ほどで孵化する。観賞魚として飼育される。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

イレズミハゼ

日本 沖縄県 伊奈武瀬

2015.09.06

イレズミハゼ

日本 沖縄県 本島西海岸

2015.09.06

イレズミハゼ

日本 鹿児島県 屋久島栗生

2013.09.25

イレズミハゼ

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾

2006.02.24

イレズミハゼ

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾

2006.02.24

イレズミハゼ

日本 沖縄県 読谷村 残波岬(タイドプール)

2020.10.20

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する