読み込み中 . . .
中止

オトメハゼ

Valenciennea puellaris (Tomiyama, 1956)

特徴 体色は淡色で、体側には黄色斑や黄色線があるが個体によって、または産地によって形などに差がある。第1背鰭に模様はなく、頬部には明瞭な青色線がなく青色もしくは淡色斑列となる。鼻の孔は黒くない。第1背鰭は三角形である。体長15cmに達する。
分布 相模湾以南の太平洋岸、琉球列島、小笠原諸島。河川河口域、内湾域、サンゴ礁域の礁池、礁湖、礁原に生息する。
生息環境 サンゴ礁域の浅い砂地にすむ。
食性 口を砂に含み、砂中に潜む生物を捕食する。捕食後、砂は鰓から排出される。
その他 食用にはならないが、観賞魚として知られている。捕食行動によって砂を撹拌しコケが生えにくいようにするが、サンゴ水槽では時に害となる場合がある。また、水槽に入れた直後は痩せやすいようで気をつける。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 西表島

2011.10.30

日本 沖縄県 真栄田岬

2018.06.21

日本 東京都 小笠原村

2015.08.02

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 セブ・マクタン島

2016.02.23

フィリピン セブ

2009.06.20

フィリピン サマール島

2010.01.30

日本 沖縄県 慶良間 阿真ビーチ前

2018.05.20

日本 沖縄県 読谷村 真栄田

2020.11.24

日本 沖縄県 読谷村 真栄田

2020.11.24

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する