読み込み中 . . .
中止

カワアナゴ

Eleotris oxycephala Temminck and Schlegel, 1845

形態・特徴 体つきはやや細長い。体色は変異が大きく、また同一個体でも状況によって変化することがある。通常体色は灰色、若しくは暗色で、背面が明色になる。明色時には頭部下面に小白色斑が見られる。日本産カワアナゴ属魚種は4種いるとされ、この4種は互いに色彩が似通っており見分けるのは難しい。本種では鰓蓋部の上下の孔器列は鰓蓋後方で接しないこと、頬部の横列孔器列が縦列孔器列を超えないことで他の種と区別できる。またチチブモドキは本種に似るが、チチブモドキの頭部は丸みを帯びる傾向にある。体長25cmになる大型種。
分布 栃木県・鳥取県~屋久島。東アジア。
生息環境 河川の下流域から汽水域にかけて生息する。砂利底、泥底にある倒木や大石の影、もしくは人工的な障害物、空き缶、空き瓶の中に潜んでいることもある。
食性 夜間に隠れ家から出てきて小魚や甲殻類、昆虫などを貪欲に捕食する。
その他 両側回遊魚とされ、稚魚はいったん海に下る。釣りや漬け漁などで漁獲され、食用となる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません