読み込み中 . . .
中止

ホシマダラハゼ

Ophiocara ophicephalus (Valenciennes, 1837)

形態・特徴 ハゼ亜目魚類としては大型種で、全長35cmにまで達する。幼魚は暗色で、体側には鞍状の淡色斑がある。成魚では小白色斑が列をなす。前鼻管は長く、上唇にまで達する。
分布 種子島、琉球列島。~インド-太平洋。
生息環境 河川汽水域のマングローブ域や、その周辺の湿地に多く生息する。淡水域にも入ることがある。
食性 肉食性。主に夜間、小魚や甲殻類などを貪欲に捕食する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

Mano_Yu さんが 学名を Ophiocara ophicephalus (Valenciennes, 1837) に変更しました 学名の変更
2021.06.26 13:13