読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

セトヌメリ

Repomucenus ornatipinnis (Regan, 1905)

形態・特徴 トビヌメリによく似ているが、雄成魚の臀鰭にトビヌメリのような斑紋はなく、第2背鰭の暗色点はほぼ一列であり、雌や雄未成魚では体側下部に長円形の斑紋が並ぶなどの特徴により区別できる。体長15cmほど。
分布 北日本沿岸、瀬戸内海、有明海、東シナ海。黄海。外洋性沿岸の砂泥底にすむ。
生息環境 トビヌメリ同様外洋性の沿岸に生息し、北海道などの北日本でも見ることができる。
食性 底生動物を捕食すると考えられる。
その他 ほかのネズッポ同様に食用になっている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 北海道 函館市 臼尻

2016.08.24

日本 神奈川県 横須賀市観音崎たたら浜

2005.11.23

日本 茨城県 那珂湊沖(都内の鮮魚店で購入)

2015.05.24

日本 茨城県 那珂湊沖(都内の鮮魚店で購入)

2015.05.24

日本 神奈川県 横須賀市観音崎たたら浜

2005.11.23

日本 北海道 函館市 臼尻町

2017.08.06

日本 北海道 函館市 臼尻町

2017.08.06

日本 北海道 函館市 有川埠頭

2017.08.06

日本 北海道 函館市 有川埠頭

2017.08.06

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する