読み込み中 . . .
中止

コブヌメリ

Diplogrammus xenicus (Jordan and Thompson, 1914)

形態・特徴 コブヌメリの仲間は体側の下部に体軸方向に走る皮褶があり、鰓蓋部が皮弁状であるなどの特徴をもつ。ミナミコブヌメリとは、眼下管の先端が分岐し、雄成魚の臀鰭に八の字状の斑紋があることにより区別できる。雄は体長8cmになる。
分布 南日本の太平洋沿岸。南緯30度前後のオーストラリア西岸と東岸。サンゴ礁や岩礁内の砂底に生息する。
生息環境 サンゴ礁や岩礁域周辺の砂底に生息している。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません