読み込み中 . . .
中止

クサナギウミヘビ

Ophichthus kusanagi Hibino, McCosker and Tashiro, 2019

形態・特徴 胸鰭は短く後縁が尖ることが特徴で、13軟条。胸鰭先端から背鰭始部までの距離は長く、胸鰭長の2.0–2.5倍。沖縄美ら海水族館での飼育記録から生時の体色は紫褐色であると考えられ、臀鰭には暗色の縁取りがない。
分布 駿河湾、三重県尾鷲沖、土佐湾、沖縄県久米島。南日本の太平洋側に分布すると考えられる。
生息環境 深海性で、水深285–600mに生息している。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

NOAHさんが日本 静岡県 駿河湾で撮ったクサナギウミヘビ

日本 静岡県 駿河湾

2021.05.05

NOAHさんが日本 静岡県 駿河湾で撮ったクサナギウミヘビ

日本 静岡県 駿河湾

2021.05.05

NOAHさんが日本 静岡県 駿河湾で撮ったクサナギウミヘビ

日本 静岡県 駿河湾

2021.05.05

NOAHさんが日本 静岡県 駿河湾で撮ったクサナギウミヘビ

日本 静岡県 駿河湾

2021.05.05

NOAHさんが日本 静岡県 駿河湾で撮ったクサナギウミヘビ

日本 静岡県 駿河湾

2021.05.05

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する