読み込み中 . . .
中止

イケカツオ

Scomberoides lysan (Forsskål, 1775)

特徴 全長50cm。背鰭棘間は鰭膜で連続しない。背鰭棘は背部からみると、1棘ずつ互い違いに向いていて、強力である。ミナミイケカツオに似るが、体側の斑紋は2列という点で区別できる。
分布 幼魚は茨城県以南の太平洋側や日本海沿岸で採集されるが、成魚は主に琉球列島以南、小笠原諸島。~台湾、中国、南シナ海、インド-太平洋域。
生息環境 沿岸から沖合まで広く生息する。
その他 大型の個体になると、上顎の後端は眼の後縁直下に位置する。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません