読み込み中 . . .
中止

ハシナガウバウオ

Diademichthys lineatus (Sauvage, 1883)

分布 静岡県以南の南日本太平洋岸、琉球列島。~インド・西太平洋
特徴 腹鰭の吸盤は発達がわるく前後で二分されない。性的二型が認められ、雄は吻が短く、雌は吻が長い。体色は赤褐色で、背中線・腹中線・左右の体軸にそれぞれ1本ある。体長5cmになる。
生息環境 おもにウニ類のガンガゼの周辺で遊泳する。危険が迫るとガンガゼの隙間に隠れる。
食性 成魚ではガンガゼの管足や棘などを食べ、このほかにも二枚貝の外套膜や、小型甲殻類の卵、テンジクダイ類の口内保育中の卵を食べるとされている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません