読み込み中 . . .
中止

アカフウセン

Chaunax apus Lloyd, 1909

形態・特徴 体背面は一様に赤色で、腹面が白桃色。頭部背面に糸状皮弁を欠く。誘引突起(イリシウム)は赤色で、太く極めて短い。疑餌状体(エスカ)は塊状で中間から先端まで多数の毛状皮弁が密に生えており、その色は一様に赤色か、先端部のみが褐色。
体背面に斑紋がなく、緑色斑をもつミドリフサアンコウ、黄色斑をもつホンフサアンコウ・ハナグロフサアンコウとそれぞれ区別することができる。
分布 三重県沖。台湾南部、南アフリカ、モザンピーク、ケニア、マダガスカル、ベンガル湾、アンダマン海、ジャワ島。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

アカフウセン

日本 静岡県 駿河湾(沼津港の鮮魚店で購入)

2014.09.28

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する