読み込み中 . . .
loading
中止

画像認識によるお魚判定アプリ、【魚みっけ】。無料です。

オウゴンニジギンポ

Meiacanthus atrodorsalis (Günther, 1877)

分布 神奈川県三浦半島、琉球列島。~中・西部太平洋。サンゴ礁域にすむ。
特徴 体の前半分は青っぽく、後ろ半分は黄色っぽいが、分布域により若干の変異があるという。眼を通り背鰭基部にまで達する黒色帯がある。背鰭に黒色帯があるが、大きさは個体によって差があるよう。下顎の犬歯は著しく大きく、毒があるので注意。体長6cm。
生息環境 サンゴ礁に生息する。
食性 雑食性で動物プランクトンなどを捕食するといわれている。
その他 色彩が美しいので観賞魚として飼育されることがある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 沖縄県 八重干瀬

2016.02.15

グアム グアム島東岸

2012.05.04

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 セブ・マクタン島

2016.02.23

フィリピン サマール島

2011.04.06

日本 沖縄県 座間味島

2009.06.17

フィリピン ボホール島

2010.06.01

フィリピン セブ島

2007.06.02

フィリピン ボホール島

2011.02.21

日本 沖縄県 石垣島

2013.07.22

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する