読み込み中 . . .
中止

ウスハナフエダイ

Pristipomoides amoenus (Snyder, 1911)

形態・特徴 ハナフエダイによく似るが、本種は背鰭、臀鰭および尾鰭の縁辺に白色域がないこと、下枝鰓耙数が普通10本(ハナフエダイは12本)であることなどから区別できる。
分布 現在のところ琉球列島周辺でのみ分布が確認されている。
備考 長らくハナフエダイの新参異名とされてきたが、Shimose et al. (2020: Zootaxa)によって有効種であると報告された。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

フィリピン パラワン

2011.10.22

日本 沖縄県 本島近海

2020.02.17

フィリピン バタンガス

2010.09.04

フィリピン 中部ルソン地方 バタンガス

2017.02.21

フィリピン 中部ルソン地方 バタンガス

2017.02.21

フィリピン バタンガス

2017.02.21

日本 沖縄県 本島近海

2020.02.17

フィリピン バタンガス

2010.09.04

フィリピン バタンガス

2010.09.04

日本 沖縄県 沖縄美ら海水族館

2020.09.05

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する