読み込み中 . . .
中止

シンゲツスカシテンジクダイ

Rhabdamia novaluna Yoshida, Mabuchi and Motomura, 2018


形態・特徴 体は半透明で白っぽく、吻部は暗色。同属他種に比べて体高が高く、尾柄下部に黒色斑(大小は様々)があることで容易に区別できる。
分布 日本、マーシャル諸島、パプアニューギニア、ソロモン諸島、オーストラリア、およびフィジーにかけた西部太平洋に分布する。
その他 本種はYoshida et al. (2018:Ichthyological Research)において新種として報告された。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

ぷいぷいユッケさんが日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾で撮ったシンゲツスカシテンジクダイ

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾

2006.03.14

hanadaiさんが日本 沖縄県 座間味島で撮ったシンゲツスカシテンジクダイ

日本 沖縄県 座間味島

2016.07.04

hanadaiさんが日本 沖縄県 座間味島で撮ったシンゲツスカシテンジクダイ

日本 沖縄県 座間味島

2011.06.21

hanadaiさんが日本 沖縄県 西表島で撮ったシンゲツスカシテンジクダイ

日本 沖縄県 西表島

2014.04.17

ぷいぷいユッケさんが日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾で撮ったシンゲツスカシテンジクダイ

日本 沖縄県 渡嘉敷島渡嘉志久湾

2006.03.14

海底奉行さんが日本 沖縄県 ゴリラチョップで撮ったシンゲツスカシテンジクダイ

日本 沖縄県 ゴリラチョップ

2020.11.12

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する