読み込み中 . . .
中止

ニラミギンポ

Ecsenius namiyei (Jordan and Evermann, 1902)

分布 伊豆大島、八丈島、和歌山県、愛媛県、高知県、長崎県男女群島、屋久島。~済州島、台湾、西太平洋。
特徴 体側は黒っぽく、尾柄部から尾鰭付近は黄色。尾鰭を除く各鰭も黒っぽい。ただ、体側や鰭の色が黄色っぽい個体も知られる。肛門の前には黒色斑がない。背鰭には欠刻がない。前鼻孔の前縁と後縁に短い皮弁を持つ、などの特徴でほかの日本産同属魚類と区別できる。
生息環境 岩礁やサンゴ礁域の水深5~20mで見られる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません