読み込み中 . . .
中止

アオヤガラ

Fistularia commersonii Rüppell, 1838

形態・特徴 吻は著しく長く、筒状。尾鰭の中央軟条が長く伸びる。近縁のアカヤガラとは、体色は青味がかっており、興奮すると暗色横帯を現すこと、また、尾柄部の側線鱗には鋭い後向棘がないことなどで区別できる。
分布 本州中部以南。インド・太平洋域。
生息環境 浅海域のサンゴ礁域・岩礁域およびその周辺の砂底域に生息する。
食性 甲殻類や小型魚類などを食べる動物食性。
その他 一般に流通することはまずない魚であり、身は独特の匂いがあるとされるが、食用になる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません