読み込み中 . . .
中止

タマカエルウオ

Alticus saliens (Lacepède, 1800)

分布 八丈島、小笠原諸島、琉球列島。インド・太平洋。磯の潮上帯や飛沫帯にすむ。
特徴 体はやや細長い。体色は褐色で、体側には白色帯が入る。雄には大きな正中線皮弁がある。下唇には吸盤がない。本種はヨダレカケ属のヨダレカケに似ているが、雄の正中線に皮弁がある(ヨダレカケにはない)、下唇に吸盤がない(ヨダレカケにはある)ことで区別できる。体長10cmを超える。
生息環境 岩礁性海岸の潮上帯、飛沫帯に生息し、水にはほとんど入らない。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません