読み込み中 . . .
中止

ヒナギンポ

Nannosalarias nativitatis (Regan, 1909)

分布 琉球列島以南。~南シナ海、オーストラリア東北部、トンガ諸島。珊瑚礁の礁縁部や波の荒い岩礁性海岸にすむ。
特徴 雄は頭部が黒っぽく、体側前半は赤色、後方は黄色っぽい。雌は頭部が
黄褐色で体側は薄い黄緑色。眼上には長い皮弁がある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません