読み込み中 . . .
中止

アフリカチヌ

Diplodus vulgaris (Geoffroy St. Hilaire, 1817)

外国産 外国産

分布 ビスケー湾からカーボベルデにかけた東部大西洋沿岸、地中海、および黒海。
形態・特徴 本種は、背鰭が11 or 12棘、13-16軟条であること、よく発達した臼歯状歯をもち、門歯の後ろに3-5列(上顎)、2-4列(下顎)の臼歯状歯があること、背鰭の前方から胸鰭にかけて、および背鰭の後端から尾柄部と臀鰭後端にかけて計2本の明瞭な黒色帯があることなどから類似種と識別できる。一般的に25 cm程度、最大で45 cmまで成長することが知られている。
生息環境 水深160 m以浅の岩礁や砂泥域に生息し、水深50 m以浅の沿岸域でより多い。肉食性で甲殻類や貝類などを捕食する。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する