モンツキカエルウオ

Blenniella chrysospilos (Bleeker, 1857)

分布 屋久島以南、インド‐太平洋熱帯域。
特徴 体には多数の橙色斑が散在するが、変異も多い。眼上の皮弁は3つに分岐することで、日本産のほかのハナカエルウオ属魚類と区別することができる。体長9cmになる。
生息環境 暖かい海の岩礁やサンゴ礁域に生息し、孔から頭部だけを出している様子が観察される。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

tard_aさんが日本 沖縄県 石垣島で撮ったモンツキカエルウオ

日本 沖縄県 石垣島

2017.10.22

hanadaiさんが日本 沖縄県 西表島で撮ったモンツキカエルウオ

日本 沖縄県 西表島

2014.04.24

hanadaiさんが日本 沖縄県 西表島で撮ったモンツキカエルウオ

日本 沖縄県 西表島

2014.04.24

sioさんが日本 沖縄県 慶良間諸島で撮ったモンツキカエルウオ

日本 沖縄県 慶良間諸島

2018.09.27

diveskさんが日本 沖縄県 砂辺No.1で撮ったモンツキカエルウオ

日本 沖縄県 砂辺No.1

2018.05.24

伊藤寛さんが日本 沖縄県 糸満・喜屋武岬灯台下で撮ったモンツキカエルウオ

日本 沖縄県 糸満・喜屋武岬灯台下

2023.12.28