読み込み中 . . .
中止

スミツキアオハタ

Epinephelus craigi (Frable, Tucker & Walker, 2019)

形態・特徴 従来アオハタモドキと、混同されていたが、Frable et al. 2018により分類が見直された。アオハタモドキとは、主鰓蓋骨及び眼の後部に暗色帯があること、上顎がより長いこと、吻長がより短いこと、尾柄が短いことなどで見分けることができる。
分布 南シナ海、ベトナム、および日本より報告がある。国内では高知県と東シナ海から記録されている。水深95m以浅に生息するようだ。
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する