インドカエルウオ

Atrosalarias holomelas (Günther, 1872)

分布 琉球列島以南。~西部太平洋。熱帯域に生息する。
特徴 背鰭や臀鰭は非常に大きくて高い。幼魚の体色は黄色っぽいが、成魚では一様に黒っぽくなる。本種に似たものにホソカワインドカエルウオがいるが、背鰭の後端は尾鰭と根元部分のみがつながっていることで区別できる。体長8cmに達する。
生息環境 サンゴ礁域に生息し、枝状のサンゴの間にみられることが多い。
食性 主に藻類を捕食する。
その他 日本では食用とされていないが、観賞魚として販売されることがある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったインドカエルウオ

フィリピン サマール島

2011.03.19

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったインドカエルウオ

フィリピン サマール島

2011.03.19

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったインドカエルウオ

フィリピン サマール島

2011.02.24

NOAHさんが日本 沖縄県 恩納村 真栄田で撮ったインドカエルウオ

日本 沖縄県 恩納村 真栄田

2021.11.03