クサギンポ

Enneapterygius philippinus (Peters, 1869)

分布 屋久島、種子島、琉球列島。~インド・西太平洋。
特徴 婚姻色がでた雄は頭部から胸鰭にかけてと、各鰭が黒っぽくなる。第1背鰭前方は白っぽい。雌は胸鰭に黄色斑と黒色斑が交互に入る。第1背鰭は第2背鰭よりも低い。体長2.5cmほど
生息環境 サンゴ礁域の潮間帯に生息する。浅いタイドプールに多くみられる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません