読み込み中 . . .
中止

ドチザメ

Triakis scyllium Müller and Henle, 1841

特徴 雄は全長100cmほどで成熟する。最大で少なくとも全長150cmに達する。体の地色は灰色を呈し、腹面は白い。小型個体の体側には暗色斑点が散在し、鞍状の斑紋が並ぶが、これらの模様は成長とともに消失する。第一背鰭の後縁は、体軸に対してほぼ垂直になる。吻は短く、幅広い。両顎歯は3尖頭。
分布 シベリア南部から北海道~九州の沿岸、朝鮮半島沿岸、中国沿岸および台湾に分布する。
生息環境 沿岸近くの大陸棚の底に生息する。入り江や湾になっている浅場の岩礁や砂地、藻場、アマモ場でもしばしばみられる。
食性 小型魚類や無脊椎動物を捕食する。
その他 卵胎生で、胎盤をもたない。一腹あたり10~20の仔ザメを出産する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません