読み込み中 . . .
中止

トカゲゴチ

Inegocia japonica (Cuvier, 1829)

分布 千葉県~九州の太平洋岸、若狭湾以南の日本海岸、東シナ海。~台湾、朝鮮半島、中国、インド-西太平洋域
特徴 コチの仲間の同定は、頭部の棘の様子や、眼の虹彩皮膜の様子などを見ることが必要である。本種は眼下骨の隆起線上に2本の棘があること、眼の虹彩皮膜は分岐し複雑な形状となること、間鰓蓋部に皮弁があること、吻はやや短いこと、第1背鰭縁辺部は暗色ではないこと、眼上皮弁がないことなどで日本産の他の多くのコチ科魚類と区別できる。大きくても体長20cmほど。
生息環境 温帯から熱帯域の砂底に生息する普通種。水深85mまでに見られる。
食性 動物食性で、小魚や甲殻類を捕食する。
その他 定置網や小型底曳網、釣りなどで漁獲される。小型種であるが、食用になる。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません