読み込み中 . . .
中止

ムロランギンポ

Pholidapus dybowskii (Steindachner, 1880)

分布 北海道。~日本海北部、オホーツク海。沿岸近くの藻場に生息する。
特徴 体は太めで、背鰭の前方に2~3個の眼状斑があり(ないこともある)、オキカズナギ属の魚にも似ているが、本種は頭部に鱗がないことや、両眼間隔孔が3個ある点などによって日本産オキカズナギ属の魚と区別できる。
生息環境 沿岸近くの藻場にすむ
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 北海道 根室市幌茂尻漁港

2009.08.23

日本 北海道 尾岱沼漁港

2013.12.11

日本 北海道 能取港

2018.04.18

日本 北海道 函館市 臼尻

2016.08.24

日本 北海道 波止場の突堤

2011.07.12

日本 北海道 根室市幌茂尻漁港

2009.08.23

日本 北海道 根室市幌茂尻漁港

2009.08.23

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する