タウエガジ

Stichaeus nozawae Jordan and Snyder, 1902

分布 新潟県・青森県以北。~オホーツク海。沿岸域のやや深い海底にすむ。
特徴 ナガヅカよりも小型である。口はやや小さく、口の後縁は眼後縁をわずかに超える程度。体側や背鰭に斜状斑紋がある。体長40cmに達する。
生息環境 水深500m以浅の海底に生息する。
その他 底曳網や刺し網などで漁獲される。食用になるが、卵巣を食べると中毒する。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。