マダラハタ

Epinephelus polyphekadion (Bleeker, 1849)

形態・特徴 体高がややあり、尾柄部背部に黒色斑がある。胸鰭の地色は淡色から暗色、小斑がある。頭部背縁はなめらかで丸い。アカマダラハタは胸鰭の地色が生鮮時は赤っぽく、頭部背縁は眼の後方で凹み、後頭部で盛り上がっている。体長はアカマダラハタよりもやや小さく、60cmほど。
分布 八丈島、屋久島、琉球列島、小笠原諸島。~インド-太平洋。
生息環境 浅海の岩礁やサンゴ礁域などにすむ。
食性 小魚、甲殻類、イカ・タコなどを捕食する。
その他 刺網や釣りなどで漁獲され、他のハタ科魚類同様に食用となっている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

履歴

履歴はありません