読み込み中 . . .
中止

オオモンハゲブダイ

Chlorurus bowersi (Snyder, 1909)

形態・特徴 頬部の鱗は2列。雄型の体色は鮮やかな緑色で眼後方に大きな橙色斑がある。雌型は茶褐色で他の同属魚類と区別が難しい。体長30cm。
分布 琉球列島。~西太平洋。珊瑚礁域にすむ。
生息環境 珊瑚礁域や岩礁域に生息する。
食性 藻類食性。
その他 他のブダイ科魚類と同じく、琉球列島では食用魚となっている。またあまり大きくならないため、観賞魚としても飼育されている。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

日本 鹿児島県 諏訪之瀬島・元浦漁港

2019.05.16

日本 沖縄県 那覇市の魚市場

2014.04.15

フィリピン セブ島

2007.06.02

日本 鹿児島県 奄美大島

2020.04.12

フィリピン 中部ヴィサヤ地方 セブ・マクタン島

2016.02.23

日本 鹿児島県 奄美大島

2020.04.12

フィリピン サマール島

2009.06.01

日本 鹿児島県 奄美大島

2020.04.12

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する