テンスモドキ

Novaculops sciistius (Jordan and Thompson, 1914)

分布 南日本太平洋岸、伊豆諸島、小笠原諸島、屋久島、沖縄。~台湾。
特徴 テンスによく似ているが、背鰭の棘は伸びず、頬には鱗はないなどの特徴がある。色彩には若干の変異がある。腹鰭は長く、倒すと肛門付近にまで達する。体長15cmほどになる。
生息環境 沿岸の砂底に生息する。
食性 底生動物を主に捕食する。
その他 釣りなどで漁獲され、食用になる。本種の学名、属の和名などは、島田(2013)に従った。従来はXyrichtys woodiという学名がついていたが、この学名はハワイの近縁種に充てられるようである。日本産テンスモドキ属魚種は、本種のほか、Xyrichthys halsteadiとおもわれるものが水中写真により報告されている。
食味レビュー 食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

どぼさんが日本 東京都 式根島野伏港で撮ったテンスモドキ

日本 東京都 式根島野伏港

2015.09.13

MARI-Jさんが日本 東京都 式根島 野伏桟橋で撮ったテンスモドキ

日本 東京都 式根島 野伏桟橋

2008.05.26

林 良和さんが日本 千葉県 内房 岩井沖で撮ったテンスモドキ

日本 千葉県 内房 岩井沖

2007.05.23

林 良和さんが日本 千葉県 内房 岩井沖で撮ったテンスモドキ

日本 千葉県 内房 岩井沖

2007.05.23

うなぎαさんが日本 愛媛県 愛南町高茂岬沖で撮ったテンスモドキ

日本 愛媛県 愛南町高茂岬沖

2006.01.19

林 良和さんが日本 千葉県 内房 岩井沖で撮ったテンスモドキ

日本 千葉県 内房 岩井沖

2007.05.23