読み込み中 . . .
中止

ハゲヒラベラ

Iniistius aneitensis (Günther, 1862)

分布 高知県、屋久島、沖縄県。~中部太平洋。砂質域にすむ。
特徴 体側に横帯があり、背鰭軟条部下方に黒色斑があり、ホシテンスに似ているが、ホシテンスよりも横帯が細く、腹部には大きな白色斑がある。第2・第3背鰭は鰭膜でつながる。幼魚は頭部に黒色横線が入る。体長20cm
生息環境 砂底に生息し、休息時や危険が迫った時など砂中に隠れる。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません