読み込み中 . . .
中止

ギチベラ

Epibulus insidiator (Pallas, 1770)

形態・特徴 モチノウオの仲間でやや体高がある。口が著しく長く伸びることで他のモチノウオの仲間と区別は容易。成魚の色彩は黄色から茶褐色、暗色、あるいは数色が混じるなど変異が多い。体長30cmほど。
分布 和歌山県、奄美大島以南。~インド・太平洋域。岩礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁域に生息する普通種。
食性 小魚や甲殻類などを捕食する。
その他 釣りや網などで漁獲され、食用にされることもある。ギチベラ属には2種が知られ、もう1種はEpibulus brevis Carlson, Randall and Dawson, 2008である。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません