読み込み中 . . .
中止

メバチ

Thunnus obesus (Lowe, 1839)

形態・特徴 全長は2mを超えることもある大型種。体は紡錘形で、胸鰭は長いが小離鰭までには達しない。体側や鰭は黄色味を帯びるときがある。キハダに似ているが、目が大きいことや、大きくなっても第2背鰭と臀鰭は伸長しないこと、若魚の体側下部に走る楕円状の白斑は垂直に列をなしていることなどで区別できる。
分布 日本近海(日本海には希)。世界中の温・熱帯海域。
生息環境 外洋域の主に表層を群泳する。
食性 魚類、甲殻類、軟体動物などを捕食する動物食性。
その他 水産上重要種。日本近海で漁獲されるマグロ類の中ではクロマグロに次いで美味といわれることが多い。脂身は少ないものの、クロマグロの味が落ちる春から夏にかけて需要が高まるという。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

メバチ

日本 沖縄県 糸満パヤオ

2009.05.18

メバチ

日本 沖縄県 東シナ海

2017.03.20

メバチ

日本 沖縄県 久米島

2008.07.08

メバチ

日本 沖縄県 琉球諸島

2016.05.05

メバチ

日本 静岡県 御前崎

2004.05.30

メバチ

日本 鹿児島県 宇検村沖のパヤオ

2002.04.14

メバチ

フィリピン ルソン島

2007.09.12

メバチ

日本 沖縄県 琉球諸島

2015.11.05

コメントをお書きください

0 Comments
    ※コメントの投稿はログインが必要です。
    不具合が発生しました.報告する