アヤタスキベラ

Hologymnosus rhodonotus Randall and Yamakawa, 1988

形態・特徴 シロタスキベラなどに似ている。雌雄ともに赤っぽい色彩で、雄は体側の下方が青っぽくなり、横帯や斑が入る。腹鰭が日本産のほか2種と比べやや長い。体長30cmほどになる。
分布 伊豆半島、和歌山県、沖縄諸島、宮古諸島、八重山諸島。フィリピン、インドネシア。浅い沿岸域に生息する。
生息環境 沿岸の岩礁域の浅所からやや深所に生息する。
食性 動物食性と考えられる。
その他 沖縄では釣りなどで漁獲され、食用となっている。幼魚は美しい色彩で、観賞魚として輸入される。
食味レビュー 食味レビューを見る
食味レビューを投稿する

人気順は閲覧数やいいね!の数を反映しています。推薦したい写真には、いいね!をどうぞ。

seahawkさんが日本 沖縄県 奄美大島で撮ったアヤタスキベラ

日本 沖縄県 奄美大島

2004.04.14

seahawkさんが日本 鹿児島県 奄美大島で撮ったアヤタスキベラ

日本 鹿児島県 奄美大島

2003.09.16

鈴鹿さんがフィリピン サマール島で撮ったアヤタスキベラ

フィリピン サマール島

2010.04.17

sfcさんが日本 沖縄県 浦添市牧港漁港で撮ったアヤタスキベラ

日本 沖縄県 浦添市牧港漁港

2012.04.07