読み込み中 . . .
中止

アカニジベラ

Halichoeres margaritaceus (Valenciennes, 1839)

形態・特徴 イナズマベラとよく似ているが、雄は頬の斑紋が直線状であり、体側の上半部は暗色でないこと、雌では頭部下半部の明色域が鰓蓋後端まで及ぶことで区別できる。イナズマベラ同様に小型種で成魚でも10cmほどである。
分布 小笠原、相模湾以南。~東インド・中部太平洋。浅い岩礁域にすみ藻場に多い。
生息環境 サンゴ礁やその周辺の岩礁域に生息する。夜間の休息時や、危険が迫ると砂中に隠れる。
食性 小型の底生動物を捕食する。
その他 普通は食用にされないようである。観賞魚として飼育されることもある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません