読み込み中 . . .
中止

カザリキュウセン

Halichoeres melanurus (Bleeker, 1851)

形態・特徴 雄には頭部から体側に伸びる赤色縦帯があり、頬のものは「へ」の字状で鰓蓋後端に達する。背鰭・臀鰭・尾鰭にも赤色帯がある。雌や幼魚は体側に橙色の縦帯が数本あり、背鰭や尾柄部に眼状斑がある。体長12cm。
分布 和歌山県、小笠原、沖縄県。~西太平洋。岩礁域にすむ。
生息環境 サンゴ礁域、岩礁域に生息する。昼間は遊泳し、夜間は砂中に潜る。
食性 動物食性で甲殻類などを捕食する。
その他 普通は食用とはしていないようである。色彩が美しく、観賞魚として飼育されることもある。
食味レビュー 食味レビューを投稿する
説明文ON/OFF

履歴

履歴はありません